豊かな週末ライフになりますよに!!@88to Life Book…

平日はフルタイム仕事。週末を豊か過ごしたいので、株主優待、ふるさと納税などに投資して、楽しく過ごすことを目指した30代Webエンジニアの備忘録。

Doletengプロジェクトの設定からOracle接続しWeb画面表示するまで。SAStruts+Dolteng+S2JDBC

      2015/11/10

事前準備

  1. Eclipseのバージョンは3.5です。
  2. Super Agile Struts – Setupを見て 下記のものをインストールしておく。
  3. Eclipseのツールバーのヘルプ→新規ソフトウエアのインストールを選択
  4. インストールウインドウが表示されると 追加ボタンを押下。
  5. サイトの追加 ウインドウが表示され 名前とロケーションを下記の表の通りに記入し指定しインストールする。

※ 既にインストール済みの場合はしなくてもOKです。

名前Seasar Plugin3.2
ロケーションhttp://eclipse.seasar.org/updates/3.2/
  • Sysdeo/SQLI Tomcat Launcherをチェックしてインストールする。
名前Seasar Plugin3.3
ロケーションhttp://eclipse.seasar.org/updates/3.3/
  • DoltengとResourceSynchronizerとSAStrutsPluginをチェックしてインストールする。
名前PropertiesEditor
ロケーションhttp://propedit.sourceforge.jp/eclipse/updates/
  • PropertiesEditorForEclipse3.xをインストールする。

Oracle Databaseの設定

  1. Oracle Database 10g Express Edition(OracleXEUniv.exe)をセットアップしておく。
  2. systemでログインし 特定のユーザを作ります。今回は RENTALユーザを作りパスワードはpasswordです。
CREATE USER RENTAL IDENTIFIED BY password;

他に権限を付与して下さい。

会員テーブルの作成

CREATE TABLE MEMBER (
MEMBER_ID VARCHAR2(10)NOT NULL
, COMPANY_IDVARCHAR2(10)NOT NULL
, OFFICE_ID VARCHAR2(10)NOT NULL
, PASS_WORD VARCHAR2(10)NOT NULL
, FAMILY_NAME VARCHAR2(100) NOT NULL
, FIRST_NAMEVARCHAR2(100) NOT NULL
, FAMILY_KANA VARCHAR2(100) NOT NULL
, FIRST_KANAVARCHAR2(100) NOT NULL
, EMAIL VARCHAR2(100) NOT NULL
, OPEN_FLGVARCHAR2(1) NOT NULL
, REGIST_DATE DATENOT NULL
, REGIST_ID VARCHAR2(10)NOT NULL
, UPDATE_DATE DATENOT NULL
, UPDATE_ID VARCHAR2(10)NOT NULL
, PRIMARY KEY( MEMBER_ID, COMPANY_ID, OFFICE_ID )
);

サンプルデータ挿入

INSERT INTO MEMBER (
MEMBER_ID
, COMPANY_ID
, OFFICE_ID
, PASS_WORD
, FAMILY_NAME
, FIRST_NAME
, FAMILY_KANA
, FIRST_KANA
, EMAIL
, OPEN_FLG
, REGIST_DATE
, REGIST_ID
, UPDATE_DATE
, UPDATE_ID
) VALUES (
'admin'
, '999'
, '999'
, 'password'
, 'システム管理者(姓)'
, 'システム管理者(名)'
, 'システムカンリシャセイ'
, 'システムカンリシャメイ'
, 'system@system.jp'
, '0'
, SYSDATE
, 'admin'
, SYSDATE
, 'admin'
);

Doltengプロジェクトの作成

プロジェクト・エクスプローラーを右クリック→「新規」→「その他」「Dolteng」→「Dolteng プロジェクト」を選択

"Doltengプロジェクトの作成></p

プロジェクト名:DoltengProject
ルート・パッケージ名:dp
アプリケーション・タイプ:Web アプリケーション
プレゼンテーション:SAStruts
永続化:S2JDBC
サーバー管理Sysdeo Tomcat プラグイン

Doltengプロジェクトの作成><br

コンテキストの更新

  • プロジェクトを選択し右クリック→「Tomcatプロジェクト」→「コンテキスト定義を更新」

ojdbc.jarの設定

  • C:\oraclexe\app\oracle\product\10.2.0\server\jdbc\libにあるojdbc14.jarをコピー
  • DoltengProject/lib/にojdbc14.jarを格納する。

プロジェクトにojdbc.jarの追加

プロジェクトを右クリック→「ビルド・パス」→「ビルド・パスの構成」の順に選択する。
プロパティーウインドウが表示され「Javaのビルド・パス」→「ライブラリタブ」→「JARの追加」ボタンを押下
DoltengProject/lib/ojdbc14.jarを選択

"プロジェクトにojdbc.jarの追加

JVMの設定にojdbc.jarの追加

ツールバーのウインドウ→「設定」→「Tomcat」→「JVM設定」の順に選択
「Jar/Zip」ボタンを押下し ojdbc14.jarを選択

"JVMの設定にojdbc.jarの追加

jdbc.diconの修正

DoltengProject/src/main/resources内にあるjdbc.diconを開く
デフォルトでH2に設定されているので &lt;!– for H2 –&gt;をコメントアウトし &lt;!– for Oracle –&gt;をコメントアウト外す。

<!-- for H2 -->
<!--
<component name="xaDataSource"     class="org.seasar.extension.dbcp.impl.XADataSourceImpl">
<property name="driverClassName">
      "org.h2.Driver"
</property>
    <property name="URL">
      "jdbc:h2:tcp://localhost:9092/demo"
</property>
    <property name="user">"sa"</property>
    <property name="password">""</property>
    <destroyMethod>
@org.seasar.framework.util.DriverManagerUtil@deregisterAllDrivers()
</destroyMethod>
</component>
-->

<!-- for Oracle -->

"oracle.jdbc.driver.OracleDriver"
"jdbc:oracle:thin:@localhost:1521:XE"
"system" "password"

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

<!-- for H2 -->
<!--
<component name="xaDataSource"     class="org.seasar.extension.dbcp.impl.XADataSourceImpl">
<property name="driverClassName">
      "org.h2.Driver"
</property>
    <property name="URL">
      "jdbc:h2:tcp://localhost:9092/demo"
</property>
    <property name="user">"sa"</property>
    <property name="password">""</property>
    <destroyMethod>
@org.seasar.framework.util.DriverManagerUtil@deregisterAllDrivers()
</destroyMethod>
</component>
-->

<!-- for Oracle -->

"oracle.jdbc.driver.OracleDriver"
"jdbc:oracle:thin:@localhost:1521:XE"
"rental" "password"

s2jdbc-gen-build.xmlを実行

プロジェクト直下にあるs2jdbc-gen-build.xmlファイルを右クリック→「実行」→「外部ツールの構成」
Antビルドを右クリック→新規をクリック

名前:DoltengProject s2jdbc-gen-build.xml ※デフォルト値
ビルドファイル:${workspace_loc:/DoltengProject/s2jdbc-gen-build.xml} ※デフォルト値
規定ディレクトリー:空白
引数:gen-entity

"s2jdbc-gen-build.xml

実行ボタンを押下すると コンソールに下記の通りに実行される。

Buildfile: C:pleiadesworkspaceDoltengProjects2jdbc-gen-build.xml
gen-entity:

プロジェクトを右クリックし リフレッシュをクリック。

enityパケージにDB接続先のテーブルのエンティティが自動作成されました。
今回は Memberエンティティが作成されました。

IndexAction.javaを編集

DoltengProject/src/main/java/dp/action/IndexAction.javaにあります。

package dp.action;

import java.util.List;

import org.seasar.extension.jdbc.JdbcManager;
import org.seasar.struts.annotation.Execute;

import dp.entity.Member;

/**
* 会員情報一覧表示
*
* @author Hayato
* @since 2010/06/15
*/
public class IndexAction {

public JdbcManager jdbcManager;

public List memberList;

/**
* Index
*
* @return
*/
@Execute(validator = false)
public String index() {

memberList = jdbcManager.from(Member.class).getResultList();

return index.jsp;
}
}

index.jspを編集

DoltengProject/src/main/webapp/WEB-INF/view/index.jspにあります。

<%@page pageEncoding="UTF-8"%>

会員情報一覧画面

 
<h1>会員情報一覧画面</h1>
 
<table border="1">
<tbody>
<tr>
<th>会員ID</th>
<th>会社ID</th>
<th>営業所ID</th>
<th>パスワード</th>
<th>氏名(姓)</th>
<th>氏名(名)</th>
<th>氏名(姓カナ)</th>
<th>氏名(名カナ)</th>
<th>メールアドレス</th>
<th>公開フラグ</th>
<th>登録日</th>
<th>登録者</th>
<th>更新日</th>
<th>更新者</th>
</tr>
<tr>
<td>${f:h(member.memberId)}</td>
<td>${f:h(member.companyId)}</td>
<td>${f:h(member.officeId)}</td>
<td>${f:h(member.passWord)}</td>
<td>${f:h(member.familyName)}</td>
<td>${f:h(member.firstName)}</td>
<td>${f:h(member.familyKana)}</td>
<td>${f:h(member.firstKana)}</td>
<td>${f:h(member.email)}</td>
<td>${f:h(member.openFlg)}</td>
<td></td>
<td>${f:h(member.registId)}</td>
<td></td>
<td>${f:h(member.updateId)}</td>
</tr>
</tbody>
</table>

MemberService.javaを編集

DoltengProject/src/main/java/dp/service/MemberService.javaにあります。

package dp.service;

import org.seasar.extension.jdbc.service.S2AbstractService;
import dp.entity.Member;

public class MemberService extends S2AbstractService {

}

Tomcatを立ち上げ Webブラウザよりhttp://localhost:8080/DoltengProject/にアクセスする。
これでSAStruts Dolteng S2JDBCのプロジェクトの設定からOracle接続し 表示が出来ました。

"SAStruts

cssのフォルダ構成

webappフォルダ内に指定するとCSSを読み込むことができます。

フォルダ構成

DoltengProject/src/main/webapp/css/style.css

JSPから読み出し方

html

The following two tabs change content below.
渋谷でWebエンジニアをしているHayatoです。 趣味はプログラミング、海外旅行。 カフェでTitanium mobileを使ってスマホアプリを作ってます。 海外旅行は年1回で、に行きました。国内旅行は2〜3ヶ月に1回のペース。 直近は、3月にタイ(バンコク)・カンボジア(シェムリアップ)へ行きました。 旅の思い出アルバム、投資運用報告が中心のブログ構成です。

 - Java, Oracle , ,