88to Life Book…@豊かな週末ライフを過ごすぞ!!

平日はフルタイム仕事なので、週末を豊かにすべく株主優待、ふるさと納税など楽しく過ごすことを目的とした30代Webエンジニアのブログ

エアアジア 羽田空港からクアラルンプール経由でバンコク(ドンムアン空港)へ

      2015/11/10

クアラルンプールまでの搭乗口

2015/03/13 20:15
仕事を終えて、家の近くにあるスーパーで、飛行機の中で食べるのど飴一袋と、非常食用にソイジョイ2本買って帰る。
帰宅してから、荷物確認して、晩御飯食べて風呂入って準備完了!
お金は以前に換金した45US$、今回の旅行で換金した300US$(124.6円換算で37,380円)、25MYR(マレーシアリンギット)、510バーツ
日本円にして、45,691円分と日本円20,000円の6万5千円持って行きました。

20:30
自宅出発

21:20
山手線、京急を乗り継ぎ、羽田空港国際線ターミナルへ到着。

21:30
エアアジアのカウンターに到着。
たくさんの人が並んでおり、21:45が最終受付でギリギリ発券してもらいました。
今回も前回のタイ、インドネシア旅行と同じくリュックサックと機内持ち込みするキャリーバックのみです。
エアアジアでは、機内持ち込み用のキャリーバックは7キロ以下でないとチケットを発券してくれないようです。
私は8.7キロだったので、リュックサックに荷物を入れ替えて、ちょうど7キロにして発券されました。
今更ですが、家に帰ってから測ったのですが、キャリーバックが3.0キロあったので、4キロの荷物しか入らないことが分かりました。

23:05
トイレを済ませ手荷物検査を受けて144番ゲートまで移動。
LCCのエアアジア、奥の遠いゲートまで約6分歩きました。
23:00より搭乗開始してるので、ゲートに到着し、そのまま列に並んで搭乗。
前回の旅行メモで「エアアジアの羽田空港~クアラルンプールの便は寒かった。」と書いてあったので、最近痩せたこともあり、下にヒートテック、背中に貼るカイロを貼って行きました。
まだまだ寒い日本の移動中、寒くなく空港まで行けました。

2015/03/14 1:00
今回は、羽田空港で何も買わない予定でしたので、機内食を事前に注文していました。
1回目の機内食の配布でしたが、晩御飯は家で済ませてたので、朝ごはんでお願いします。と伝え就寝。

NASI LEMAX

6:00
キャビン・アテンダントさんに起こされ、機内食タイム。
NASI LEMAXという料理で、パッケージの見た目は美味しそう。
しかし、中を開けると、想像を下回る見た目。
まあ、こんなもんかなーと食べましたが、辛くてご飯がすすむ。
味は、まあまあな感じ、量も少なかった。
350mlの水も付いて500円ぐらいでした。
機内で買うと18MTR約589円なので、事前申し込みの方が少しお得かな。

NASI LEMAX

6:18
予定より20分早く到着しました。
ここからクアラルンプール時差タイムで日本との時差は1時間です。

国際線乗り換えゾーンに行き、手荷物検査をし、免税店やカフェエリアの階になって進むと、また手荷物検査があります。
2つ目の手荷物検査で水は没収されます。

今回のゲートはQ13で約3時間のフライト待ち時間。
前回は、Free Wi-Fiが無かったですが、今回はあってConnectすると3時間無料で使えました。
飛行機降りてすぐ、使い出したので搭乗までは制限で持たないかなー?っと思ってました。
案の定3時間で無線LANは使えなくなりました。
しかし、設定から、クアラルンプール空港も無線LAN情報を削除して使用すると、またConnectす出来るようになり、また使えたので、ラッキーでした。

その間に、パズドラ、モンストのスタミナ消費したり、Facebook、Twitter見て時間を潰してました。
ちょうど、今書いてる記事は、クアラルンプールからバンコクへ向かう飛行機の中で書いてます。
1時間程のフライトなので、今日のことは書いておかないと忘れちゃうからね。

ドーナッツ2つにストロベリースムージーのコンボセット

9:45
お腹が空いてしまい、空港内のファーストフードのDUNKIN’S DONUTSへ
前に両替したマレーシアリンギットをここで使います。
ドーナッツ2つにストロベリースムージーのコンボセットで13.20MYR約432円でした。
レートは1MYRあたり32.69円でした。
単品ではドーナッツ1つ2.8MYRなので、空港価格だと思いますが、若干日本より安いかなーと思います。

DUNKIN’S DONUTS

10:00
クアラルンプールからバンコクへの搭乗。
飛行機が飛び立ってから、すぐにイミグレーションカードが配られ記入。
そのあとは、機内食が配られ(私はこの便では注文してません。)、免税品の販売。
現地SIMかな?SAMSUNGとか、iPhone5と中華系の人たちが大勢買ってました。

私は、ドンムアン空港でSIMカードを買う予定です。
手持ちの510バーツで前回買ったSIMが確か499バーツだったので、空港で買えば良いと思って機内では買いませんでした。
続いては、ドンムアン空港内の売店でdtacのHappy Tourist SIMを買って、エアポートバスでバンコク市内へ です。

The following two tabs change content below.
渋谷でWebエンジニアをしているHayatoです。 趣味はプログラミング、海外旅行。 カフェでTitanium mobileを使ってスマホアプリを作ってます。 海外旅行は年1回で、に行きました。国内旅行は2〜3ヶ月に1回のペース。 直近は、3月にタイ(バンコク)・カンボジア(シェムリアップ)へ行きました。 旅の思い出アルバム、投資運用報告が中心のブログ構成です。

 - タイ , , , , ,